2018/03/02

Post

        

出る杭は打たれるニッポン!

category - コラム+ エッセイ
2018/ 03/ 02
                 
月よあなたは知っているのだろうか。



悔し涙を流した夜も、うれしくて涙した朝も。



今、僕が見ている月は、月も僕を見つめているという事。



時代は変わる、僕はついてゆけない。古臭いおっさんだ。



新人類だと間違った言葉の使われ方をした時代が懐かしい。



世論はいつも偏屈でひねくれている、一人の人間をいじめ抜く。



出る杭は打たれるニッポン!



愛情が少しくらいあるからって、奪われるわけにはゆかない。



過ぎた昨日は叩きのめされた、散々だった。



青い鳥はあなたの足元にたたずんでいる、あなたの暮らしとともに。



あなたを見つめて守る存在がいる、例え孤独でも。



あんなにもうこりごりだと思い知った生を、何度でも繰り返す。



一人きりじゃ戦えない、それでも一人で戦うのだ。あの日見た朝焼けを忘れないなら。



ダサいオヤジだな僕は、もう若くない。



僕の身なりを見て笑う紳士淑女。



少年時代から人生の落伍者だ、再チャレンジのチャンスは与えられなかった。



それでも何とか平穏な今日があるのは。



生きている毎日が奇跡で出来ているからなんだろうな。



感謝しかないさ、いま生きていられる事実に。


トリンちゃんの催促版・陰影を入れた
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント