FC2ブログ

Post

        

落伍者の人生

category - 独白
2018/ 05/ 18
                 
昭和に産まれた。



ものごころついたとき、「産まれる前に悪いことをした」という言葉が漠然と頭にあった。



3回くらい全く同じ夢を見る。



路地裏を歩いていて誰かに「30円落としましたよ」と語りかける夢。



直後に場面は真っ暗になり、ひどく恐怖が襲う。



永く感じた恐怖が終わると、父親が紙吹雪と歓声を浴びながらガッツポーズをしている。



子供の頃は、両親は仕事で忙しく、独りで孤独に育った。



高校進学で、不良の学校と知らずに、ワルの職業高校へ進学する。



不良になじめず、父親が勝手に手続きし2年で退学させられる。



半年間引きこもりになる。



オカルト雑誌月刊トワイライトゾーンの記事「アカシックレコード」を読み夢を見る。



生涯をかけて愛と勇気のために生きると誓いを立てる。



昭和60年1985年、統合失調症を発病して精神科に入院。



半年で退院して、社会復帰を目指す。



昭和61年春、浜松市の裏町、磐田市へ出稼ぎに人材派遣のお世話になる。



朝8時過ぎ、専務の車であさひやへ朝ご飯を食べに入る。



専務がたくさん食べて力をつけろと言い、専務のおごりで牛丼を食べる。



その時代は確かに自分の青春だった。



人材派遣先の会社の社長の一言で二日でクビになり、意気消沈して浜松に帰る。



社長が「お前明日こんでいいでな」と言う。



ボケの私は「明後日は来てもいいんですか?」と聞く。



「専務に聞け!」と怒る社長。ヤマハ船外機の下請けの会社だった。



時代はバブルの一歩手前で、まだ不景気だった。



昔は障害者雇用の制度が整っていなくて、病気を隠して健常者として働かなければならなかった。



そんなことをしていると、精神病が悪いことのように思えてきた。



その夏、受診している総合病院の紹介で木工所に障害者雇用の半日のアルバイトで入社できた。



最初はまじめに働いた。当時の最低賃金が500円で、時給480円貰った。



毎日おが粉にまみれて働いた、汗びっしょりで。



何日サボってもクビにならないので、2,3年働いた。



その頃はバブルだったと思うが、何の恩恵も受けなかった。



後になってバブルがはじけたと世間が騒いでいても、自分には何のことかさっぱり分からなかった。



20歳、1988年、父親に「成人式に出たいからスーツを買って」と言うと。



「バカ野郎!そんなものくらい自分で買え!!」と怒られた。



スーツを買うお金がないので、悔しいから成人の日は祭日出勤して働いた。



その初春、入院患者のおっさんにお見舞いのお礼だと言って病気を染される。



酷い病気になり、また精神科病棟に入院する。



自分が宗教じみた詩を、非公認の病棟喫茶店の落書き帳に書いたら。



周りの赤の他人が騒いで、マスコミにフォーカスされ始めた。



病棟に居る自分がテレビに映っている。



恐怖を感じる。人権侵害だ、病院が自分をマスコミに売ったのだと思った。



怖すぎて何も言えなかった。



世間に「早く死ね!」と何万回も言われる。



20歳を過ぎて感じた恐怖はすべて、ものごころついたときに見た不思議な夢の恐怖だった。



20歳を過ぎて、仕事は数日しか続かなかった。



忘れもしない1993年25歳の梅雨、求人情報誌で見つけた仕事先。



求人誌にはアルバイトと書いてあったのに、面接に行くと「うちは正社員しか雇わないよ」と言う。



よく考えもしないで働かせてくださいと言い、重労働の梱包業の正社員に就職する。



60キロくらいある商品の段ボールを、一日何百個も運ぶ。



仕事を始めると、必ず幻聴が聴こえてきて、周りにいるおばちゃん全員がゲラゲラ笑う。



幻聴がテレパシーとなって聴こえているのだろう、プライバシーは皆無だった。



工場長もおばちゃんたちの味方をして、自分をいじめた。



1か月もする頃には、背中の筋を切ったみたいで、まともに働けなくなっていた。



起きて生活することも出来なくなっていた。死ぬほど背中が痛かった。



生き地獄だった。自分で「セルフ拷問」と名付けた。



毎日定時まで働いて、整形外科で麻酔の筋肉注射を5、6本打ってごまかしていた。トータルで100本くらい打ってもらった。



三か月たって使用期間が終わり出勤日数が足らずクビになるときには、身も心もボロボロになっていた。



結局その年は梅雨が明けなかった、夏が来なかった。



すぐに精神科病棟に任意入院したが、看護婦も患者も悪に染まっていた。



優しい人は一人もいなかった。



地獄を見た後は、さらに地獄が待っていた。



病棟で昼食時に、生放送のテレビを強制的に観せる。



必ず笑っていいともを選局していて、タモリとかサンマが病棟やお茶の間を覗いて仄めかしていた。



人権侵害されていたみたいだが、病院が人身売買していると思って怖すぎて何も言えなかった。



退院してから3年くらい再起不能だった。



28歳になって、またアルバイトの働きに出た。



求人情報誌で見つけた清掃業。



ジ○ンボエンチ○ーに派遣されて一人で店舗を清掃する。



代わりの従業員がいないから、一日も休めない。



安い給料でも、責任感は一人前だった。



現場には居ない上司に、優秀だと誉められたが。



慣れてくると、職場の店員たちにゲラゲラ笑われて、傷ついて3か月で辞めた。



その後すぐにハローワークで見つけた車のFRP部品を作るプラスチック成型。



会社は儲かっているらしくて、すぐに採用してくれた。



前のところで時給イクラ貰っていたんだと聴かれて、正直に「700円です」と答えると。



「じゃあ700円でいこう」と社長に決められる。



嘘ついて吹っ掛ければよかったと思った。



若い頃は精神安定剤を常用していなかったから、統合失調症で苦しんでいた。



薬の副作用も強かったから、安定剤が嫌いだった。



自分に処方される薬には、精液が出なくなる副作用のひとつがあった。



今常用している安定剤には副作用がほとんどないから、主治医ときちんと飲む約束をした。



車やバイクで世間に出ると、赤の他人が自分のプライバシーを喋り、笑っていた。



自分は周りにどう思われているか、ひどく気にするタイプらしい。



注目されていても、無様なピエロじゃ嫌だな。



リスペクトしろとは言わないが、せめて人権は守ってほしい。



もう50歳だが、17歳の時に立てた志は少しもブレてはいない。



誰もが仲良く笑って暮らせる世界、それが自分の夢。



ささやかな人生、人並みでなくても生きてることに感謝している。

関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント