FC2ブログ

Post

        

時をかけるおっさん

category - コラム+ エッセイ
2018/ 11/ 14
                 
俺は将来死んだあと、しなければならないことがある。



それは過去の自分の救済、冗談じゃないよ。



現時点で17歳と20歳と25歳と40歳の時に、人生の危機がある。



初めの3つの年齢は、自分が総合病院の精神科病棟に入院したとき。



40歳の時に自宅でプラズマ攻撃で心臓止められそうになった。



普通なら死んでるんだけど。犯人は創価じゃないかと思う。



循環器科に検査に行った時も、病院を脅しにに隠ぺい工作に来たみたいだし。



それが原因で狭心症になった、今は内科に通っている。    



入院時に悪霊に魅入られたり、言葉が原因で赤の他人に誤解されていじめられたり。



とにかく人生の危機があって、その度に死後の俺がタイムトラベルして助けに来たんだよ。



病院の看護婦が、入院病棟で俺の幽霊を見たって言ってた。



幽霊はタイムトラベルができるってテレビで見たことがあるから、自分を救ってくれるのは自分だと思うし。



始め17歳の時は、意識を乗っ取られた。未来の自分に。



入れ替わった自分は、誰にも笑顔で話しかける優等生だったらしい。



とにかく今も昔も俺には敵が多い、俺の人生を潰そうとする輩が存在する。



そいつらは悪なんだろうけど、そいつらなりに事情もあるみたいだから。



幽霊になった俺がどんな能力を持ってるのか謎だけど。



スリルとロマンに満ちた人生だなあ、人生に退屈なんてないよ。



他人から見たらクソみたいな落伍者の人生だけどね。

関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント