FC2ブログ

Post

        

老いや孤独

category - 内宇宙の信仰心_無宗教
2019/ 03/ 09
                 
明るく楽しく騒いでいる若い人にはまるで信じられない、異次元の話かもしれない。



誰だって年を取り、いつか死期を迎える。



愛する家族に恵まれる人や、一人孤独に暮らす人。



僕が子供の頃、学校の教師の老いた姿に寂しさを感じた。



恩師はもう、ご存命ではないのだろう・・・



人間生きていればいつかは老いるもの。



問題はそれに伴う孤独や閉塞感を、どう受け入れるか。



生き死には、笑い話でも花咲かさせて、酒に巻かれて忘れてしまえ。



今日も涙がにじむ一人の夜。



自由とは孤独の意味。



若い頃はあんなに頬がつるつるで、黒髪キューティクルピカピカさらさらだったのに。



歯茎も健康で、老眼じゃなかったのに。



老化した自分はまるで老人になった少年。



年を取って、いつかこの世から去ってゆくけど、心はいつだって少年のままだよ。



夢は今もこの胸の中にあり、魂は熱く燃えている。



堅実な人生よりも、波乱に満ちたドラマチックな人生がいい。



この世界は、刹那に生きる一瞬世界だから。



海岸線の砂浜。波が洗い流す、人の世の罪汚れを。



世界はこんなに輝いて、命の営みを繰り返している。



マスメディアが、毎日くだらないニュースを流す。



どーでもいいことに怒って、よってたかって個人を責め立てる。



少数の犠牲の上に、私たちは安眠をむさぼってはいるが。



年を取るのは素敵なこと。



好きなだけ泣いたなら。



まだ玄関を開けて出かけよう、あなたの輝くステージの為に。





関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント