FC2ブログ

Post

        

どんづまりの中で

category - アカシックレコード記憶庫
2019/ 03/ 26
                 
目の前に道はない。



十代でレールを外れて、精神疾患を発病して、いまだに社会復帰できない。



もう51歳、今から働いて細々と生きて行くのもいいな。



カタチあるものの世界で、カタチの無いものに憧れた。



どんなに物を買っても、それは誰かが作った商品を買うという消費文化。



理屈や理論で考えるより、直感や第六感で閃いたことを信じる。



情熱は空回り、いつまでも噛み合わない。



仮の姿から、本来の自分へ還りたいと願った。



愛と勇気と言うとすぐにアンパンマンだと言われるけど。



それでも愛と勇気を信じてる。



しみったれた生活でも、希望を信じて生きてきた。



ベルリンの壁崩壊の奇跡のように。



東ドイツの民衆が軍隊に向かって叫んだという、ワールドワイドとはいったいどんな言葉なんだろう。



日本の首相が、先に攻撃したほうがアドバンテージが大きい。とか。



とち狂ったことを言い出す国会。



戦争をしたがってるとみられても仕方がない答弁。



戦争反対と言えない空気になってきた、危険な世論だ。



叶わない夢だと思っていた、人類の革新が訪れるなら。



この人生を生きただけでも良かったと思う。



僕が欲しいのは、個人の幸せじゃなくて、人類全体の幸せ。



戦争放棄の平和のための過酷な昇華。



誰もが手をつないで助け合って、仲良く笑顔で暮らせたら。



騙しあい、競いあい、足を引っ張りあいの寒い世の中で。



もうじき桜が咲く。



春の嵐に吹かれて、桜吹雪の中を歩いてゆこう。
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント