Post

        

新世界への疾風怒濤

category - 詩篇(詩集)
2014/ 10/ 05
                 
肉を喰え、骨を噛み砕け。

優しさとぬくもりに眠る日まで。

-------------------------------------------


新しい世界へ行きたい

邪魔する風は遠慮なんてしてくれず

だから遠慮なんて要らない 息の根を止めるまで

肉を切り裂き骨を断つ

断崖絶壁に立つ さらし首が見た世界

風をまとい風とともに 駆け抜ける世界

垣間見るだろう

誰も知らない異世界

音速も光速も超えて 未知の領域へ突き抜ける風

幾ら知能指数が優秀でも行くことは出来無い

覚悟に頭脳は要らないから

ぶっ壊れても構わない 探究心が加速する

答えよりも 努力よりも報われぬもの

何の得にも足しにも成らない叫びが 新次元に到達する

暴れずには居られない心 光の粒子を放って光りだす

定職も定食も持たない片道切符は

無事に家まで帰宅する 

大空で大海原で エンコしたらもう家には帰れない

遠足を楽しめ

超異次元への 次元旅行を

死んだって花は咲かない 虹色に包まれたいから

生きる覚悟を持て 一度きりの挑戦者


関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント