FC2ブログ
2019/07/12

Post

        

強個性

category - アカシックレコード記憶庫
2019/ 07/ 12
                 
個性は認められています。



人類の長い歴史の中において、今日ほど個性が尊重される時代はないでしょう。



没個性や無個性と言われることもあります。



画一化された教育は、子供たちから個性を奪ってゆきます。



些細なことが問題になる現代では、はみ出した個性は叩かれます。



強烈な個性は、もてはやされる場合と妬まれる場合があります。



人は皆、老人であれティーンエイジャーであれ、自分を哀れと思うことを好みます。



人間が互いに侵食しない(テリトリーを犯さない)範囲で生きてゆく。



人並みの幸せが一番いいかもしれないですが。



それが叶わない非凡な人達は、一度きりの人生を謳歌します。



困難を乗り越えた先にある、喜びの世界へ。



どうか、人が宇宙へ進出する時代の前に。



この星がどこへ向かってゆくのか。



人間の過ちと罪を清算することができなくとも。



醜い人の争いが繰り返されないよう。



地上を楽園にする日まで。



個人と全体を比べることはできません。



個人が集まって人はコミュニティを形成します。



集団意識が暴力を肯定しようとします。



指導者までも武装せよと唱えています。



21世紀、いまだに人類は争いを捨てられません。



武器を持ち、狩りを成功させ。



武器を持ち、同じ猿人を殺してから何も変わっていません。



殺したサルにも家族がいて、糧を得て生活していたのに。



人間はサルから人に成るまでの間と書く。



太古の時代から何も変わってはいない。



化石の町で恐竜の移動手段に乗り生活する。



地球を食いつぶすイナゴの私たち。



人間が人に進化できる日まで。



どんなに頭がいい人でも戦争を止められないのだから。




祈るA子ちゃんC版
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント