Post

        

進化する愛情

category - 詩篇(詩集)
2014/ 10/ 26
                 
正しいとか間違っているとか、

愛のない言葉は何も感じない。

ほほを流れる熱い液体に、言葉でその気にさせて欲しい。

欲情に燃え上がらせて欲しい。

心も身体と等しく素直でありたいから。

愛し合う目的で異性が有り。

愛し合う目的で同性も有る。

恋に恋焦がれる日々を青春と呼べるのなら、

永遠に青春を感じたい。

カネだものだと進んだ文明だと、

この苦しい世界で何を自慢する。

やさしさには進化なんて要らない。

布切れとメシがあれば、食卓はひとりじゃない。

関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント