FC2ブログ
2019/07/23

Post

        

国境線

category - 軍事評論_戦争と平和
2019/ 07/ 23
                 
自衛をしなければ、他国に侵略される奪われる。



と心配するのは、今の地球人の中に武装して戦争をしたがる輩がいるからであって。



そんな野蛮な旧時代のサルたちを、説得できるだけの叡智があればいいんだろ?



人間は隣人に蹂躙される心配から武器を持つ。



国境線がいまだにあって、領土の奪い合いが起きる、だったら。



世界がひとつの理想のもとに団結すればいいんだ。



世界中皆が仲のいいお隣さんになればいい。



助け合い、分け合って文明圏を構築する。



武装して攻めてくる他国と戦って得るのは、真の平和なんかじゃない。



血みどろの平和だ。



民主主義と社会主義が戦争する。



テロリストを全部殺して敵を絶滅させる。



敵と呼ぶ価値観がすでに古臭いよ。



デジタルに酔狂する地球人ならわかるはずだ。



現実を見るというのは現状を見ることじゃない、問題点を発見すること。



人類が戦争を捨てる日が来ることを夢見るのは。



決して夢想家なんかじゃない。



世界中に平和の風が吹いて、朝を告げる鐘が鳴れば。



自衛論なんか唱えていた自分たちが時代遅れだったと気が付くだろう。



そのためには、今のあたりまえの価値観の利己主義ではダメなんだ。



他者を思いやり、他者の利益を尊重する利他主義でなければ。



いつの日か、世界に利他の風が吹くよ。



ダイコンと平和
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント