FC2ブログ

Post

        

category - 詩篇(詩集)
2019/ 08/ 03
                 
誰だって皆、自分の道を歩いていて。



時につまずいたり、泣き濡れたり、途方にくれたり。



夢と挫折を繰り返して、人は成長する。



恋をしたかい。



胸が熱く焼けるような恋を。



心が温かくなるような恋を。



甘酸っぱいときめきに守られて、あなたは恋をする。



誰だって汚れのない天使だった。



自分の足で歩くことを覚えて。



厳しい世界で戦う中で、疑いを覚えてゆく。



まっすぐで素直な優しさで抱きしめてほしい。



生きとし生けるすべての命が愛おしい。



誰もかれもが仲良しならば、喧嘩なんて起こらない。



無駄な人間なんていない。



世界でたった一人のあなただから。



道の途中で後ろを振り返る時。



歩いてきた歴史があなたを祝福してくれる。



何も持たずに生まれてきて何も持たずに死んで逝く。



あなたの人生という財産は、幸せですか。



産まれてきて良かったと、心から笑顔で言えますか。


関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント