FC2ブログ

Post

        

お金と徳分

category - アカシックレコード記憶庫
2019/ 10/ 31
                 
それはお金です。



貯金できますが、使った分だけなくなります。



それは徳分です。



貯金できるし、いくら使ってもなくなりません。



お金を欲しがる人は世界中にいくらでもいますが。



果たして、お金よりも徳分を積みたがる人がどれだけいるでしょうか。



またその、徳分を積む、という言葉を本気で信じている人がどれくらいいるでしょうか。



お金は稼いだり、マネー運用で増やしますが。



徳分は一円の特にもならない善行を積むことで蓄積されます。



自分が救われたい一心で善行を積むのはエゴですから。



徳は積まれません。



よく受け狙いで女性芸能人が「貧乏は嫌だ金持ちがいい」と言いますが。



お金は地球上でしか使えない、限られたものです。



徳分はあの世でも使えます。



ただ、肉眼では認識できないために、その存在すら知らない人もいます。



巡り巡って、自分に災いが降ってこないように。



僕はお金を稼ぐことに執着心がありません。



まじめに毎日働いて、収入を得て暮らしてゆくことができないでいます。



世の中には、働くだけが人生の価値だ、と信じてる人もいるのでしょうが。



働きたくても働けない人も多くいます。



どっちが幸せかなんてわかりません。



きっとお金を沢山稼いで、自分は恵まれていると感じる人もいるし。



お金に困っても、自分は幸せだと信じている人もいるのでしょう。



幸せを感じる心は、その人の心です。



眼に見えない世界です。



現代の世界は、こんなにも肉眼に囚われています。



日本人の心眼は、日本の伝統的霊的文化によって守られています。



誰もが心の眼を持っていますが、現代の西洋物質文明では表層化されていません。



潜在意識に隠れています。



見た目ばかりもてはやされている現代日本は。



いつか心眼が開花する日が来るのでしょうね。



肉眼で見ただけではわからない、心理の世界を垣間見たとき。



人間はショックを受けます。



きっと僕みたいな見苦しいおじさんでも。



心の美しさを競い合える日が来るといいです。



関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント