スピリチュアル

        

ありふれている幸せ

category - スピリチュアル
2016/ 08/ 02
                 
社会の中に取り込まれている幸せ。

社会の保証を受けて、人権と尊厳を守ってもらえる。

人間はみな平等だという基本理念のもとに、民主主義がある。

でもなんだろう。

民主主義国家も他国と戦争して人を殺す。

自分達のテリトリーに暮らす味方だけは生かして、その他は排除。

「安全ですよ私達の味方は」と安心していても、いざとなったら皆死んでしまう。

国と国が違うだけで、民族が違うだけで対立してしまう現代では。

人智を超えて人が認めあう世界を知らない。

文明と戦争を繰り返して人間の歴史は作られる。

それは地球の地球人の歴史。

きっと戦争なんて無い世界がどこかにあるのだろう。

好戦的な日本人が増える昨今、平和の尊さを教えた平和憲法が捻じ曲げられようとしている。

暴走した与党を誰も止める事が出来ないのは、私たちの責任。

民意を反映してないとかどうかなんて、サラリーマン政治家にはどうでもいい事。

やられたらやり返すなんて持論を主張する日本人が出てきた、戦後71年の歴史。

間違いなく世界は記憶を喪失している。

面白いくらいに人は忘れてゆく。

何が大切だったのかさえ忘れる。

拭えきれない傷跡と憎しみを覚えて。

それは悲しい。

今夜も酒を飲んで溜まった疲れを癒やす、今日の糧を稼いで。

文明が何を求めてるのかを知りたい。

砂浜の砂の一粒、波が太古の記憶を洗い流す。

塩辛い海の海水はあなたの涙なのだろう。

すべてが消え去った後で、遠い昔を思い出している。

                         
                                  
        

時代に流されない自信が欲しい

category - スピリチュアル
2016/ 07/ 16
                 
変わらないものはないと言う人が居るが。

変わらないものを求める。

マッハのスピードで移り変わる時代。

移ろいゆく世界で何を求めて往くのか。

追いかけているものの正体が知りたい。

この世で隠されている嘘っぱちにノーを言える勇気が欲しい。

協調性は大切だ、和の心を持つ日本人だから。

はみ出した感覚を持っていても、わがままなんて言えない。

変わりゆく世界で永遠に変わらないものがある。

それを伝えたいと思うし追い求めたいと思う。

クールな見た目の内に隠された情熱が火傷している。

理想が高くてもあきらめない、最短距離なんてないから。

レールに乗った人生では味わえない人生の醍醐味がある。

愛は危険とスリルに満ちている。

順風満帆な安定した生なら味わえない波乱万丈。

乱れ暴れる自分の細胞の一つ一つが再構築される。

争いに疲れた時は思い出してほしい。

体験する運命に何一つ無駄なんてないから。

虚しいはかないと嘆くなかれ、運命はあなたのものだ!

動と静を繰り返して人は生きる。

誰もがかけがえのない人だから、泣き笑い怒りを共有したい。

対立は理解しあい、許しあうチャンスを得る。

前向きにやさしく生きていけたら、いつか笑って語り合える。

深く傷ついた心さえ、立ち直ることが出来るから・・・
                         
                                  
        

傷心に効く薬

category - スピリチュアル
2016/ 07/ 08
                 
毎日が充実していると、過去の記憶を忘れることが出来る。
もちろん一時的にだけれど。心の傷、傷心の癒しにはいい。
胸の奥の真ん中とその周りが(魂のあるところ)じんじん熱くなる。
傷が癒えていってる証拠。
毎日忙しいと、忙しさにかまけて振り返ることを忘れて生きるのは、確かに無責任かもしれないが。今この瞬間を生きているという意味では安全だ。余計なことを考えなくて済む。
働くだけの人生にあこがれたが、それは余計なことを考える暇が無くて済む利点がある。精神が病んでいる暇もない位に働きたかった・・・
働いて子供を育てて死んで逝く人生にあこがれた。
                         
                                  
        

呑まずには居られない気持ち

category - スピリチュアル
2016/ 05/ 08
                 
最近、ここ一年くらいで、酒をよく飲むようになった。

自販機やコンビニで500mlの発泡酒を2,3本買って毎日飲む。

休肝日は設けない、でもアルコール依存症ではないと思う。

酒でも呑まなけりゃやってられない気持ち、あほらしい人生。

一日中シラフでは居たくない。さみしい気持ちはまぎれない。

努力しても報われなかったと思っている。

真剣で生きて来たから、馬鹿らしくなってくる。

それでも誠実で居なければならないと思うから。

泥酔するほど飲まないけれど、ほろ酔い気分で眠りに就くのは幸せ。

神経過敏すぎる病気があって、超能力もそのせいだから。

酒で過敏な病気を治そうと思った、上手くいったようだ。

耳から強烈なエネルギーが出ている、ダダ漏れだ。

夜は永い、朝が来るまでの短い気休めの中で。

幾つものせつない夜を超えてきた、ここに分け合えれば。

なんか、格好つけて肩ひじ張って文章を書くのも疲れてきた。

ヌルイ活字でも書こうか、無責任で不誠実も良いかもしれない。

ほとんどの人は、ネット言葉や絵文字顔文字を使って巧みに文章を書くのに。

自分は手紙を書くかのように堅苦しい表記をする。

変身する気で居る、ネット文字や顔文字を使いたい。

他の人みたいにヌルイ書き方したい!

不誠実で無責任な記述がしたい!

はにゃ~んwww

(^O^)/

でも何だか自分らしくないと感じる。

なれの問題でしょうね。

柔軟性が自分の持ち味なのに、かたぶつではいけない。

柔らかな牙が一番痛いから、かみ砕いてやれ、得意の笑みでww

クソ真面目な記事ばかり書いてきたのがアホらしく思える。

真面目に読んで下さる読者さんには申し訳ないけど。

誠実は疲れる、のんきでいい加減な一面も持つのです自分は。

とらえどころがないのが持ち味ですから、がんばれ自分。
                         
                                  
        

体験するための人生

category - スピリチュアル
2016/ 05/ 07
                 
素直な心でさえ語りつくせやしないと、あきらめたりしない。
無駄な努力だってするさ、100パーセント無駄な努力だって。
それが輝きに変わるのだから。
採算の取れる努力しかしない現代人、関西の商人。
損得勘定を捨てれば、輝く自分に出会える。
勝った負けた、損した儲けたで日が暮れる毎日。
そりゃそんな時代は終焉を迎えるよな。




体験するための人生。
何をするにも人から見聞きした情報で、自分が体験したと錯覚。
何もかもが仮想現実の疑似情報に置き換えられる。
そんなの面白くない。
耳年よりな器用ぶる運命よりも、不器用でもいいから輝いていたい。
生きる輝きは自分が生きていることを実感するきらめき。
私たちはアナログの中に居る。デジタルにあこがれる現代。
今を生きるリアリズムには、かなうものはない。
だせえようぜえよと吐き捨てる奴にだって、心の奥底に抱えているもの。
制約に縛られないで、自由に踊りたい。
不安なんて忘れ去って笑い飛ばしてしまえ。
誰にだってある青春と呼ばれる青い季節。
臭いセリフを吐き、世間をののしり、幾つになっても若い心。
青臭い若造がなじられる社会、鼻につくと忌み嫌われる時代。
青い人間が笑われる現代、本気で居られる幸せを知るなら。
分かり切った顔で他人を見下しても、永遠に真実は見えない。
既成概念と偏見を捨て去って、大冒険をしよう。
今この瞬間を生きている素晴らしさに気がつけば。
その涙だって笑い飛ばせる、勇気に変わる。
愛と勇気はおびえ続ける、誹謗中傷のヤジに負け続ける。
いつの日にか、愛と勇気が本来の力を持つとき。
カタチあるものの中で生きる我らに教えてくれる。
憎しみも悲しみも、乗り越えて来たなら譲り合える。
互いを互いだと認識できる、単純な日が来るまで。


                         
                                  
        

文明圏の中で文明を楽しめ

category - スピリチュアル
2016/ 04/ 21
                 
文明圏の中で生活している。
文明が繁栄して、贅沢な暮らしが出来る。
被災地の被災者には申し訳ないけど、守られた安全の中に居る。
車を自分で運転してカーラジオを聴いていると。
いつか子供の頃に読んだSF小説を思い出してしまう。
約束された地には到底行けないけれど、とりあえずの日常を生きる。
さみしくはない、この地は生命であふれているから。
いつもどこかで誰かが泣き叫び笑い暮らしている。
科学が進んでいると言うけど、昔と変わらない生活をしている。
包丁で料理を作り、洗濯機で洗濯して、お風呂で自分の体を洗う。
毎日毎日、叫びたくなる衝動は、波動となって空を覆いつくしている。
この世で罪を背負わない人は居ないのだろう。
それはこの地球が罪を償う為に産まれる星だから。
誰もが胸に秘めたあの星を思い出せない、悲しい宿命。
それでも人の世のたわむれに、人懐かしさを覚えてしまうのは何故?
無数の人が無限の事を語ろうとも、まだ新しい世界が残されている。
今はただ、生きていられる幸せをかみしめて生きよう。
この素晴らしい現在(いま)と言う瞬間を。
                         
                                  
        

すべての生命体を宇宙人と呼ぶ

category - スピリチュアル
2016/ 04/ 18
                 
生き物には尊厳が存在します。

命のはかなさと大切さを知れば当然の話。




この世のすべての生命。動植物、虫。魚介類。

地球だけでなく、太陽系の全ての惑星にも文明が存在すると言うから。

意識生命体も含めて、ありとあらゆるすべての生命を。

宇宙人と呼ぶ。宇宙人の定義。

それは、すべての宇宙生命に差別があってはならない。

ありとあらゆる差別、迫害に苦しんでいる人や動植物にも平等な生き物としての尊厳を与える足掛かりとなれば。

簡単に考えれば私たち地球人だって宇宙人なのだから!

すべては等しいと言えるから、私たちは等しく平等であるべき。

人間だけでは、またいつものようにエゴが産まれてしまうから。

この地球上のすべての生き物の営みを見て、そう思います。

人間を地球人を宇宙人と呼ぶ時代になっています。

それは宇宙移民が始まる前に果たさなければならない約束。

地球生命は語りかけています、今がどれほど大切な時間なのかを。
                         
                                  
        

赤の他人に声をかける

category - スピリチュアル
2016/ 04/ 18
                 
考えてみればいくらでも書くことはあります。

ただ、自分の内面でためらっているだけです。

こんな事を書いたら読む人が不愉快になるのでは、面白くないのでは。

当たりハズレに関係なく回転する歯車を止めてはいけなかったんですね。






赤の他人に声をかけたことありますか?

普通はあるはずですが。

前に友人とその嫁さんに

「赤の他人は関係ないんだから声をかけちゃいけない」

と説教された。

なにそれと思った。人見知りを無理強いしている。

100%関係ない訳じゃない、同じ社会基盤の中で生活している仲間なんだから。ただすれ違うだけの相手。

社会の流通の基本は赤の他人相手の商売。

赤の他人に声をかける事で商売に結び付く。

家族親族以外の人は誰でも最初は赤の他人だったのだから。

知っている人としか喋らないのはさみしい、意気地がない。

だから友人に「赤の他人に声をかけるよ」と宣言してやった。

知らない人に声をかけるのは勇気が要る事象。

小学一年生が「ともだち百人つくるんだ」と宣言するのは。

知らない子に声をかけて友達になろうと言う。

とても素晴らしい行為だと思う。

夫婦や恋人だって最初は赤の他人だったのじゃないかな。
                         
                                  
        

うんと恥をかきなさい

category - スピリチュアル
2016/ 04/ 17
                 
自分の人生は恥をかくことだらけだった。

些細なことで笑われて、馬鹿にされ続けてきた。

「まーぼーのくせに生意気だ」と言われてきた。

他人の目にどう映ろうと、自分なりに苦労してきたし、悔しい思いもしてきた。

過ぎ去った昨日はくやしいことだらけ。

小学生の頃、漫画の松本零士の「男おいどん」が好きだった。

四畳半の下宿に住むサルマタの怪人、社会の落伍者としての生き様が素敵だった。

ブサイクでダサい若者が、悔しくても歯を食いしばって生きる。

自分も大人に成って社会の落伍者になったが。

間違った事が嫌い、ウソ偽りも嫌い。

何一つズルはしてこなかった、真っ直ぐに生きてきた。

よく真面目だから笑いものにされたが、それでいい。

社会全体が軽薄短小じゃなくて、誠実でなければいけないから。

恥はかき捨てと言う言葉がある。

うんと恥をかきなさい。

恥ずかしくて恥ずかしくて死んでしまいそうなくらいに。

人間としての器が大きくなります。

いつだって全力投球。

力をセーブして永く働けるように何パーセントかの力で仕事をするんだと、昔届いた同級生の手紙に書いてあった。

「まーぼーも困っている事があっても逃げちゃいけない」

とも書いてあった。

冗談じゃない、どんなに困っていても逃げたことはなかった。

毒を食らわば皿までの覚悟で、罠に挑んできた。

他の人はどんな罠にハメられているか気が付かない。

昔、まだ自分が若かった頃は最悪の運命だった。

五体満足で生きていられるだけで幸せだった。

若い頃通った自動車学校で教官に自動二輪で「速度超過もしているみたいだなあ」と言われた。

初対面の人間がどんな運転しているのか何で分かるのかと疑った。

名前を呼び捨てにして「仮免も卒検も一発で受かればハクがつく」

と自動車学校の職員が言っていた。

若い頃はまるで若さが罪のように、若いというだけで馬鹿にされた。

本当にひどかった。

心に幾つもの傷を作った。

テレビやラジオのほのめかしがひどかった。

私はテレビに出たことはない。

最近は面と向かってバカにする人間は殆ど居なくなった。

大人しい人間だからって舐められすぎたと思う。

昔は怖くて何も言えなかったから、年を取るにつれて言いたいことが言えるようになった。

                         
                                  
        

雨は恵み

category - スピリチュアル
2016/ 04/ 15
                 
苦しさの中で、生きている喜びを見い出す。
それはうれし涙。
既成概念や一般常識、いわゆる常識では計り知れない、左右されない。
自分をしっかりと持つことがどれほど大切か。
人は大勢の意見や価値観を正しいものだと認識して、その他の少数派の考え方を変わった考えと捉える。
でもそれは数が正義の集団の考え方、人は合体してはいない、個人。
個性が発揮されるべき現代社会において、その個性が発揮出来ないように、出る杭を打つ世論。
例えばニュースの天気予報で「あいにくの雨模様ですが」と当たり前のように語る。
天気は毎日晴れじゃない、曇りや雨の日もある。
毎日晴れなければいけないと言う無意識の考え方は、都会人の都合。
天気は人間の為にあるのじゃない。
農家の人には恵みの雨だったりもする。
雨が嫌いな人が全員じゃない、雨が好きな人も居る。
自分は雨が好きだ、雨が色んな人の目から自分の身体を隠してくれる。
雨が人の世の罪けがれを洗い流すと言う価値観がある。
毎日毎日人の世の罪が積み重なっても、雨が洗い流してくれるのなら。
雨を忌み嫌わないで雨に感謝する心が必要。
必ずしも常識が理に適っているとは言えない、道理に合わない常識もある。
そう考えれば、この現代社会がベストではないと言えるのが分かる。