2017/05/27
2017/04/26
2017/04/25
2016/07/04

詩篇(詩集)

        

争い

category - 詩篇(詩集)
2017/ 07/ 07
                 
人類は呪われてなんかいない。

競い合い争う宿命に産まれても。

明日の世界のあなたが笑顔で微笑みかける。

誰もが正しい事だと言って正しい行いをする。

この世には正しいも間違いも存在しなく。

ただあなたがそこに居るだけなんだ。

あなたを誰かと比べても、何の意味もない。

憎しみの業火に焼かれた昨日も。

まだ見ぬ希望に胸をときめかせる今日も。

未来の夢が導いてくれる。

あなたの前には道がある。

それは誰にも見えない、こころで感じるもの。

みんな過ぎ去って行ってしまうけど。

抜け殻になった残骸に価値はない。

想いは言葉に乗せられてこころに運ばれる。

人から人へ、こころからこころへ。

お金が欲しい、愛する人が欲しいと言う。

あなたが受け入れられる夢。

愛する人のぬくもりの中で目覚める。

独りきりでは広すぎるこの世界で。

人間は呪われてなんかいない。
                         
                                  
        

星の降る夜に

category - 詩篇(詩集)
2017/ 06/ 07
                 
今日も夜が来る。

夜は恐ろしい時間。

心ときめく星空が見える。

きっと呪いも傀儡も、元は何もなかったものだろう。

傷を知って人は痛みを知る。

こころは傷ついて、それでも人を信じようとする。

星の降るステキな夜に。

あなたも同じ星空を見上げているのだろうか。

想いは留まる事を知らない。

例え命が燃え尽きようとも。

いつか見る新しい世界に想いを馳せて。

何度も自分の殻を破る。

成長する自分が嬉しい。

退化する自分も未来につながっているのだから。

迷いと期待の狭間で、何が本当のことなのか。

見極めるのは自分のセンス。

一瞬世界の慰めに気持ちは癒やされる。

リアルが何を問いかけるのか。

その答えを追い求めて。

                         
                                  
        

色あせない景色

category - 詩篇(詩集)
2017/ 06/ 06
                 
訪れるものと去ってゆくもの。

それを自分で選ぶ事は出来ない。

日々の暮らしが日常を色あせても。

うつむいているあなたの手を握りたい。

とびきりの笑顔のあなたと一緒に笑いたい。

涙を隠すように笑い飛ばすあなたが愛おしい。

こだわりとあきらめが交錯する世の中で。

自分を見失わない生き方はつらい。

それでもこの素晴らしい世界は。

あなたが生きるべきして産まれた世界だから。

出会いと別れを繰り返して人は大人に成る。

過ぎ去って行く景色を見続けて。

時間と呼ばれる観念の中で成長する。

今日と言う一日を悔いの無いように。

青春をかけて守り抜け。

今この瞬間を駆け抜けろ。
                         
                                  
        

さざ波のように

category - 詩篇(詩集)
2017/ 05/ 27
                 
どれだけ言葉を尽くしても。

この想いはあなたに届かない。

かたくなに守り続ける何かに、こころを奪われて。

照り返す陽の光に教えられる。

今日を生きるために糧(かて)を得なさい。

猿が生きるために道具を作り出してから、どれくらい時が過ぎただろう。

魂が旅をして、運命の魂と再び出会う。

数えきれない生命であふれるこの星。

命は受け継がれて。

死んで往く命と産まれてくる命。

幾兆ものドラマがこの世界で演じられる。

時代が何を人に求めているのか、今は何も見えないが。

破壊と再生の女神よ。

愛のスリルとロマンに身を焦がし。

愛が変化したこの世のすべてに敬意をこめて。

憎しみも喜びも、カタチを変えてゆく。

とどまる事を知らない時の中で。

けっして時が平等でないとしても。

青さを忘れた水色の空の下。

今を懸命に生きた証は誰にも奪えない。

涙に明け暮れた昨日も、誰かと笑いあう今日も。

命の輝きは色あせる事はない。

トリンちゃんの催促版・陰影を入れた
                         
                                  
        

わたしは化石

category - 詩篇(詩集)
2017/ 04/ 26
                 
わたしは恐竜。

わたしは化石。

今日も化石燃料を燃やして排気ガスを出す旅に出る。

化石の街で振り返る。

あなたの影がわたしの影と交錯する。

音符と爆音をかなで、朝が来るのを待つ。

嘘と欺瞞に満ちたこの世界で何が出来る。

待ちわびた世界は望んだものじゃない。

来たるべき時代に備えよう。

人が人らしく生きる、破られ続けた約束。

未来を夢見て輝く瞳。

その瞳を曇らせないで。

愛は育むもの。

お願いだから笑ってよ、明日はあなたのものだから。

ナツコ16号修正版
                         
                                  
        

笑顔の代価

category - 詩篇(詩集)
2017/ 04/ 25
                 
人と出会い、人と別れ、人は大人に成る。

あなたの毎日が笑顔で満たされます様に。

苦しくてつらいとき、悲しくて泣きたいとき。

あなたは我慢してしまう。

残酷なこの世界で。

夢を見て、夢を叶えようと頑張るのは無意味じゃない。

もしもあなたが心からの笑顔で誰かと話したら。

誰かは救われる。

何気ないひとことに心は癒やされるから。

愛なんて言葉は恥ずかしくて使えないけれど。

愛なしじゃ生きて居られない。

現状に満足して生きるも、理想に燃えて頑張るも。

全てが生かされている理由に成る。

切なくて眠れない夜も、ときめいて弾ける胸も。

全てが生かされている理由に成る。

未知の世界へダイブする。

誰ひとり踏み込んだ事の無い世界へ。

リスクとスリルはまるでジェットコースター。

流星のように生きたい。

星から星へ旅する何万光年の旅。

いつか光を追い越すまで・・・

A子ちゃん帰還
                         
                                  
        

感動屋さん

category - 詩篇(詩集)
2016/ 08/ 16
                 
感動屋さん感動屋さん

何がそんなにうれしいの

何がそこまで駆り立てるの

泣いて笑って怒って、今を感じて生きている

誰かがあなたをバカにしたって、凛と花は咲きます

いつか見たマボロシが忘れられない

夢を見なけりゃ青春じゃない

感動屋さん

あなたが見た夢が虹へ変わります

その橋を誰もが渡る日の為に

今はアスファルトに咲く雑草だけど、

花屋に飾られた高価な花に負けていても

この闇を駆け抜けて、光をその手につかむまで

冷めた時代に、暑くるしい感動屋が居る

それは希望なのだって、胸を張って言えるよ

ほらほら

笑顔で感動屋さんがやってくる

                         
                                  
        

解放

category - 詩篇(詩集)
2016/ 07/ 19
                 
【解放】

誰かに負ける。
誰かから逃げる。
そんな事は平気、恥ずかしくありません。

自分に負ける。
自分から逃げる。
こんな事は耐えられない、自分が許せない。

いつか何もかもから解放される日。
本来の自分に戻れる日。
本当の自分に出会える日。

いつか笑顔を取り戻せたなら。
幸せに思わず笑ってしまいます。
                         
                                  
        

嵐の後の世界

category - 詩篇(詩集)
2016/ 07/ 04
                 
宇宙で、命は始まって終わって往く。

泣き笑い怒り、人の数だけドラマが産まれる。

夢よ覚めないで。

愛は永遠だと。

海水の波に洗われる砂浜。

太古の記憶が語ってくれる、あなたも砂の一粒だと。

人の世で汚れた罪や幻を洗い流す。

青い世界で私たちは死んで逝く。

生きる事がすべてだから。

胸がときめくこの瞬間に、痛みと優しさを知る。

あかね色の夕日と朝日に受け入れられて、やすらぎに還って。

美しい世界で、醜い争いは繰り返される。

誰かがつばを吐く。

誰かがエゴを見せる。

眼をそらしてはいけない現状。

虹色の夢は、雨の後にできる。

激しい雨と風に、今という時が終わりに見えても。

可能性は秘められている。

それは誰の内面にも隠されている。

導かれるものと落ちてゆくものよ。

眠りから覚めて歩き出した、あの日のぬくもりを覚えているか。

何が正しいかは誰も知らない。

鏡の世界と影の世界。

自由と素敵に守られて、幸せな未来を求める。

今日は失敗したが、明日は頑張ろう。

命の終わりと始まりを、まばたきする宇宙。

ウィルダネス・自然との共生
ウィルダネス・自然との共生
                         
                                  
        

涙の海を完泳せよⅡ

category - 詩篇(詩集)
2016/ 07/ 03
                 
感じやすい心は たくさんの傷を作る

あなたの涙は洪水になって海を創った あなたは自分の海を泳ぐ

たくさんの海洋生物が生誕し あなたへエールを送る

生意気なサメも

タコとイカの愚連隊も

可愛いイルカちゃんも

おしゃまな人魚姫も

みんな あなたの泳ぎっぷりに見とれている

くだらない何でもない事で笑ってくれる 海の野郎どもは

あなたが何者か知っている

オチャメなあなた

可愛いあなた

アホンダラーな あなた


海は涙

だから あなたも海なのだ

踊るように泳ぐ 記録更新な泳法は

サメに追われる毎日と

人魚姫の投げキッスに

ひとりでも退屈はしない


あなたはあなたの環境を作り出す

その環境に身をおいて

他に何も要らないと思ってくれる人が居れば

それだけでも海を泳ぐ価値はあると思う

だから

自分が作り出す環境に 責任を持たなくてはならない


傷ついて流す涙に ウソは無い筈なのだから